魅力的な青汁について

健康的な生活を送っていきたいと考えた際には、1日350グラム以上の野菜を摂取することが理想であるとされています。ですが、それだけの野菜を日々食べ続けようとすることは、大変なことです。そんな時青汁があれば、理想の野菜摂取量を簡単に摂取することが出来ます。 健康の観点から野菜不足が気になる、便通を改善したい、女性であれば美容の面で、むくみや肌トラブルなどを解消したい、野菜嫌いの子供の栄養不足を防ぎたい、様々な場面に合ったものを探し出すことは重要なことでしょう。自分にぴったり合ったものを選びたいと考えた際に注意して考慮するべきであるのが、原材料であると言われます。原材料の違いにより、効能や効果が変ってくるようなので、目的がはっきりしている場合は、原材料にこだわって選んでみると良いようです。ですので、私も期待したい効果から選んでみようかななどと考えました。匂いがなく味にクセがないもの、女性に嬉しいセルライトの排出促進効果のあるもの様々な観点から選ぶことが出来るようです。 やはり青汁は魅力的です。
No.1 極の青汁
栄養はもちろん、おいしさにとことんこだわったサントリーの青汁。今なら10%増量中!
煎茶と抹茶がブレンドされた、毎日飲みたくなるおいしさ!
野菜のちからを引き出すポリフェノール「ケルセチンプラス」が配合され、吸収力UP!
今なら10%増量&シェーカープレゼント!

厳選された国産素材は、強い「地力」に育まれた大麦若葉と、生命力がみなぎる明日葉。これらの野菜のちからを引き出すために、ポリフェノール「ケルセチンプラス」が配合されています。ポリフェノールは、植物が紫外線などから身を守るために持っている自然界の不思議なちから。このポリフェノールが、大地から授かった健康パワーを体にしっかり届けてくれるんです。また、おいしさにもとことんこだわられているのも嬉しいポイント。飲まなきゃ..ではなく、毎日飲みたくなるおいしさです。
極の青汁詳細
No.2 えがおの青汁
「えがおの青汁」はおいしく野菜分を補えるスーパードリンク!
緑茶のような飲みやすさでごくごく飲める!
原料も国産のものを使っているので安心!
野菜嫌いの方、青汁に抵抗がある方もおいしく飲める!

えがおの青汁は、美味しく安心に飲んでいただくために、熊本県北東部の雄大な自然に溢れた地、阿蘇の大麦若葉を主成分としています。化学合成された農薬を使用していない大麦若葉は、葉の緑も非常に濃く、素材本来の甘みがギュッと凝縮されているのです。えがおの青汁で使用されている大麦若葉は、綺麗な水と澄んだ空気に恵まれた熊本・阿蘇の地で栽培されています。生産者の方々が、土作りから栽培にいたるまで、徹底的なこだわりの末に生まれた大麦若葉だからこそ、強い生命力に溢れているのです。
えがおの青汁詳細
No.3 世田谷自然食品のおいしい青汁
野菜の栄養と乳酸菌が補える!乳酸菌が入った青汁!
こだわりの国産野菜を使用、だからおいしい!
栄養豊富な大麦若葉・クマザサに加え、食物繊維を配合!
水に溶けやすい粉末タイプだから、抹茶感覚でおやつのレシピにも!

世田谷自然食品の《乳酸菌が入った青汁》に使用している大麦若葉は、農薬や化学肥料を一切使用せず、おいしく育つ環境が整った「島根県産の大麦若葉」を使用しています。さらに!食物繊維が豊富な「北海道産のクマザサ」など、栄養たっぷりな国産野菜を使用することで、ゴクゴク飲める!おいしい青汁を実現しました!
世田谷自然食品のおいしい青汁詳細

野菜不足の現代には栄養豊富な青汁が便利

生活習慣病という言葉もすっかり一般的になって久しいですが、生活習慣病が増加したその一番の原因は、やはり食生活の変化にあると言われています。私たち日本人の昔の食事といえば、米や麦、ひえ、粟などの穀類や野菜がメインで、たんぱく質の補給源としては、せいぜい魚を食べるくらいのことでした。医療技術がまったく違うので単純な比較はできませんが、現在の私たちと比べれば肥満に悩む人も当然少なく、したがって動脈硬化、糖尿病などになる人も少なかったようです。むしろ栄養が足りないことで起きる体調の悪化などのほうが問題であったと言えるくらいです。昔の映像をみると、子供たちの中には、風邪でもないのに俗に青っ洟といわれるような青い鼻水を垂らしていることが多いですが、これはたんぱく質が足りないために起きる症状であり、それだけ栄養が足りない食生活のケースもまれではなかったということです。 こういったことは1960年代までのことで、経済成長が進むにつれて食肉の消費量が増加していき食生活の欧米化が進んでいきました。たんぱく質の摂取量が増えたこと自体は良いことかもしれませんが、それだけではなく脂肪や糖質の摂取量も増えていきました。そのいっぽうで、生活のスタイルが大きく変化したこともあって、特に調理に時間がかかることが多い野菜もバランスよく摂取することが難しくなりました。 そんな不足する野菜の栄養を摂るのに青汁は非常に便利でとても人気があります。歴史は意外に古く1000年以上さかのぼることが出来るという説もありますが、かつては九州地方で飲まれていたくらいの比較的マイナーな飲み物でした。人気に火がついたのは1990年代のテレビCMで、悪役として有名な俳優が、不味いと言いながら飲むシーンが印象的でした。そしてテレビのバラエティ番組での罰ゲームでタレントが飲むことでも有名になりましたが、その後、味が改良されてとても飲みやすくなりました。 青汁の商品の形としては水に溶かす粉末タイプが最もポピュラーです。注目される青汁の栄養成分としては何と言っても食物繊維が豊富なことが特徴です。他にはビタミンC、ベータカロチン、ビタミンA、ビタミンKなどのビタミン類、またカリウムやカルシウムなどのミネラル類も豊富です。